« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

アメリカ紀行(1983・2)

最近の旅行記録がないので25年前、社用で2週間程かけてアメリカ大陸を横断した時のカットを紹介します。セピア色に退色してしまったが4半世紀前のアメリカの景色を楽しんでください。

1、ハリウッド

File0001_2 パームツリーの街路樹が美しいサンセット・ブルバード辺りだが、この奥にビバリーヒルズの豪邸が建ち並んでおり、ハリウッド・スター・マップを片手にレンタカーで走り回ったことを思い出す。

、サンタモニカ

File0003_2ハリウッドからUCLAを経て海岸沿いを走るとLAで最も人気のサンタモニカだ。ローラスケータが走り抜ける海岸通りをビキニ姿で日光浴を楽しむ美女で賑わっていた。治安も良く冬は暖かく夏はエアコンも要らないご機嫌な所だ。 

3、ヒユーストン

File0002_2_3 テキサス州最大の都市でシェル、エクソンの本社をニュヨークから移転し、天を仰ぐようなビル群が林立する石油とカーボーイの街だった。シェル本社ビルを仰ぐ。

4、テキサス大学

File0002_12 石油関連のミーテイングで訪問したが、広々としたキャンパスにお洒落な校舎がポツリ、ポツリと建ち並ぶ広々とした大学で、日本人留学生が意外に多かったのが印象的だった。

5、デイリープラザ(ダラス)

File0001_6 1963年11月22日ジョン・F・ケネデイがオズワルドの凶弾で倒れた場所左側の赤い建物が当時、教科書倉庫として使われて居り、この6階の窓から3発の銃弾が発射された。今は博物館になっていた。

6、国会議事堂

File0003_5全米50州のどの州にも属さない連邦政府直轄の街だけあって、住民の殆どは公務員と弁護士でインテリジェンスな雰囲気の街だった。ワシントンDCはこの議事堂を中心に造られた街なので議事堂に番地はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾紀行(1997・2)

過去の記録を紐解いてみると2月は殆ど旅行をしていなかったようで、寒い日本でシェルターに潜んでいたようだ。そこで10年前社用で出掛けた一コマを紹介したい。台湾はこれまで10回ほど訪れ、名所らしきところは殆ど行った積りだったが未だ知らない所もあった。

、桃園小人国

File0006_2 台北の南西50km程の所にある3万坪の敷地に”ミニ・ワールド””現代コーナ””近代コーナ””古代コーナ”の4つのテーマに分かれた本物の25分の1の建造物が並んでいるミニチュア・パークで”東急リトル・ワールドのようなものだ。1984年にオープンしたそうだが歴史学者が色彩や人形の 

File0007_2

衣装を正確に時代考証し、完成まで10年の歳月を費やしたと言う。日本の建造物では大阪城、姫路城、東大寺の7重の塔などもあったが、流石に中国建築が一番素晴らしく、年々拡張されているようだ。

陽明山

File0005_2 新北投温泉の近くにある総面積100㎡に及ぶ国家公園で、丁度この頃桃の花が満開で、家族連れの花見客で賑わっていた。今は亡き台湾の旧友と芝生に寝転がりながらいろんな事を話した事を懐かしく思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »