« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

京都の桜(2009・4)

今年は暖冬の影響からか桜の開花が1週間程早いと言われたが、開花宣言と同時に寒さがぶり返し長く楽しめたように思う。花の命は短いもの。春霞の京都をカメラ片手に突撃した結果の一部を番外編として紹介します。やはり京都の桜は夫々個性があって美しい。

1、京都御苑

File0007 江戸時代は200もの宮家や公家の邸宅が立ち並ぶ街だったが明治2年(1869)東京遷都で次第に建物が取り払われ現在は天皇の即位式が行われる以外は使うこともなく、公園として整備され御所と一体となった景観を維持し市民の憩いの場として開放されている。苑内には100年を超える樹木が育ち旧公家屋敷や庭園など歴史的遺構が点在し、後水尾天皇が余りの美しさに御車を引き返させた”御車返しの桜”が見事だった。

平安神宮

File0005 玉砂利が白く輝く広場を前に大極殿と左右二つの楼閣が鮮やかな色彩を放つ、朱塗りの柱に白壁、緑の屋根の組み合わせは王朝の昔を彷彿とさせる。平安奠都1100年を記念した博覧会の目玉パビリオンとして建築家伊藤忠太が明治28年(1895)に創建したもので、社殿は平安京大内裏の朝堂院を8分の5に復元したもので蒼龍桜前の桜を撮った。神苑の枝垂れ桜(約150本)は有名だが苑に入らなくても結構見事な桜が咲き誇っていた。

3、哲学の道

File0001 東山山麓の若王子橋から銀閣寺橋までの疎水べり2kmを”哲学の道”と呼ぶ。沿道には約300本の”関雪桜”と呼ばれる桜が大正10年ころ京都画壇の重鎮橋本関雪夫人によって植えられたもので、関雪は銀閣寺参道の入り口に邸宅を構え(先般焼失した)、此処で数多くの名作を発表したことに感謝し寄贈したそうだ。哲学者西田幾太郎や経済学者河上肇等が好んで散歩したことから”哲学の道”と呼ばれるようになり日本の道100選にも選ばれている。

4、琵琶湖疏水

File0008 東京遷都で衰退する京都を立て直すため明治期(1885~1912)琵琶湖から京都にひかれた水路で、当時は舟運、発電、上水道、灌漑用水が目的だったが現在は上水の供給目的のみ。JR山科駅から山に向かって10分程の所に疏水があるが両岸にソメイヨシノやヤマザクラが植えられている桜の名所。

高瀬川

File0009  木屋町通りの高瀬川は居酒屋の明かりを川面に映し夜の街の喧騒を吸い込みながら流れている。豪商角倉了以が慶長16年(1611)頃、物資運搬のため造ったもので、京都中心部と伏見を結ぶ運河として300年間使われた。盛時は大坂等へ物資を運び入れる高瀬舟が百数十隻も活躍し、二条から五条までの舟入(船留所)があったと言う。幕末高瀬川は勤皇の志士達の血なまぐさい歴史を見つめ、明治以降は船運の目的を失ってしまった。写真は一の舟入(島津製作所旧本社南)の高瀬舟を覆う桜

6、祇園白川

File0011 祇園北側の白川南通り沿いを流れる白川の辺りは花街風情を色濃く残す界隈で、この周辺は”祇園新橋伝統的建造物群保存地区”に指定されており江戸末期から明治初期にかけての質の高い町屋が整然と並び紅殻格子と簾の典型的なお茶屋が軒を連ね石畳の通りにはソメイヨシノや枝垂れ桜と共に柳が植えられている。この桜が最も魅力的に見えるのはお茶屋の千本格子や簾の奥に灯が灯り始める夕暮れ時だ。爛漫の桜がその明りを受けて艶めいてくる。そして三味の音・・・・向こうから舞妓の姿が・・・・。しかし中々チャンスは訪れない

醍醐寺世界遺産

File0003 創建は貞観年間(859~77)。真言宗醍醐派総本山で理源大師が建てた准胝堂は西国33ヵ所観音霊場の第11番札所でもある。慶長3年(1598)3月15日豊臣秀吉は醍醐寺で花見の宴を催した。これに先立ち近隣4ケ国から桜を700本集めて移植、醍醐山全山を寺城とし、山上の上醍醐、山裾の下醍醐と合わせて80を超える諸堂が立ち並ぶ壮観さは秀吉の時代と変わらない。現在この季節には2000本の桜が咲き乱れ総門から仁王門にかけての”桜の馬場”はソメイヨシノや枝垂れ桜が隙間なく咲き乱れる。圧巻はこぼれんばかりの花をつけた国宝五重塔の前の枝垂れ桜だろう。

8、城南宮

File0002 平安遷都の頃に白河上皇が造営した鳥羽離宮の裏鬼門の守護鎮守社として建てられ方除けと交通安全の神様として知られ、新築や転宅、旅行、交通安全の祈祷などで賑わう。幕末の鳥羽伏見の戦いではこの神社の西一帯が戦場となった。神苑”楽水苑”は春の山、平安、室町、桃山の庭と続く回遊式庭園で各時代の造園技術を取り入れた名庭で枝垂れ桜が見事だった。

9、大御堂観音寺

File0010 京都南部の普賢寺川の橋の袂にあり正式には息長山普賢寺と称し、天武天皇の命により義淵僧正が開基した古刹で藤原氏の氏寺興福寺の別院として庇護を受け何度も火災に遭うが隆盛し、堂,塔、伽藍の建ち並ぶ大寺院であったようだ本尊国宝”十一面観音立像”は奈良時代の作。参道は桜並木で覆われ、この頃咲く菜の花とのコントラストが素晴らしく、毎年”花見ウオーク”が行われ市民に親しまれている。

10、地蔵禅院

File0004 京都南部JR玉水駅東へ1・5kmの井出町の小高い丘にある曹洞宗の寺で玉津神社の南隣に位置する。享保12年(1727)に植えられた寿命280年の桜は昭和22年に枯死したようだが、2代目に当たる見事な枝垂れ桜は京都円山公園の桜と同じ親木から枝分けしたもので、京都府天然記念物に指定されている。この高台から井出の里を一望できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ旅行(1981・4)

30年近く前になるが、あるSYMPOSIUM出席を兼ねて東海岸を訪ねた時の画像を紹介します。スーツケースを引っ張りながら列車で一人夕暮れ時の無人駅に辿り着き、浮浪者や酔っ払いが屯する駅構内でやっと電話ボックスを探し、電話帳片手に今夜のホテルの値段交渉をし漸くタクシーを拾いホテルに着いた事を想い出すが若かったから出来たことだろう週末は徹底して観光に没頭したのも想い出だ。

1、シカゴ

File0001 当時世界一を誇ったシアーズ・タワーやジョン・ハンコック・センター等の高層ビルがミシガン湖に沿って建ち並ぶ現代建築界をリードしてきた街だけあってニューヨークに勝るとも劣らない摩天楼は革新的なデザイン群で壮観だった。更に世界一の穀物取引場や新聞王のトリビューン・タワーやマリーナ・シテイ(通称コーン・ビル)など飽きることがない。ミシガン湖からの風が寒かったがノース・ミシガン通りにはテイフアニーやグッチ等高級ブランド店が軒を連ね、夜ともなると本場のジャズやブルースが楽しめるお洒落な街だった。アル・カポネが牛耳っていた街とは思えない落ち着きで、案内されたプレーボーイ・クラブは驚きだった。

2、ケネデイ・スペース・センター

File0002

スペースシャトルの打ち上げ基地として知られるアメリカ宇宙開発の心臓部で、宇宙探検という人類の夢を育む世界有数の基地だ。広大な敷地に発射台が点在し屋内外の展示や映画、見学バスツアー等で宇宙開発の歴史と現在が楽しめるようになっていた。入場は無料で2時間のバスツアーでアポロ11号の発射と月面着陸のシュミレーション体験、アポロ探査船の見学、サターンⅤ型ロケットとシャトル運搬用トレーラー等を見学したが最後に住所と名前を書けば資料を送ってくれるとあったので記載したら、宇宙衛星や発射台の大きな写真を5枚日本まで送ってくれた。アメリカ国民の多額の税金を使っているプロジェクトなのでPRが徹底しているのには感心した。

3、サイプレス・ガーデン

File0004 オークランドにある60年以上の歴史あるガーデンでサイプレスとは糸杉のこと。この糸杉を中心に8000種以上の植物があり、季節毎に花が咲き乱れ四季折々の美しさを見せてくれる。中央辺りにサザン・ベルと言うアメリカ南部独特のドレスをまとった美女たちが一緒に写真を撮ってくれる。最大の人気アトラクションは隣接するビーチで美女たちの水上スキーショウが楽しめるアメリカ的なパークだったが、2年前デズニーワールドへ行った時ホテルからのバス・アクセスも少なく、廃れているようだったのが残念。

ウオルト・デズニー・ワールド

File0003 当時は確かマジック・キングダムしかなく、東京デズニーランドも出来ていない頃で、ロスのデズニーランドへは2度行っていたがワールドは初めてだった。ロスの数倍のスケールでホテルにはモノレールが乗り入れ、隣接したゴルフ場は素晴らしく、湖にはヨット・ハーバーがあり各種マリンスポーツが楽しめる素晴らしいレジャーランドだった。2年前に行った時はエプコット、アニマル・キングダム、MGMスタジオが増え更にタイフーン・ラグーン、プレージャーアイランド等も加わり年配者が長期滞在しても全く退屈しないレジャーランドでアメリカ人の遊び心に乾杯した。

5、グランド・キャニオン

File0007 今回で2回目になるがラスベガスから写真のような小型機で日帰り観光を楽しんだ。風が吹けば押し戻され、まるでトンボが一生懸命飛んでいるようで、当然何度かエアーポケットに突入し急降下するなどスリル満点の飛行だった。グランドキャニオンの様子は昨年6月”アメリカ・グランドサークルの旅”に纏めたので省略するが当時は地球にこんな所があるのかと感動した。

6、ラスベガス

File0006 2回目の訪問だったが、当時未だダウン・タウンが中心でストリップ通りはチラホラと言う感じっだったと思う。それでも街中ネオンの洪水でホテル内だけでなくカジノだけを楽しむ場所もあり今と比べると庶民的なムードさえあった様に思う。90年代以降は寧ろストリップ通りを中心に個性的な大規模ホテルが林立し完全に大人が楽しむ街になってしまった。

7、サンフFile0005ランシスコ

三方を海に囲まれたこじんまりした街で、それでいて変化に富んだ景観を有するアメリカで最も好きな街だが,街は碁盤目のように整備されているので解り易い。フイッシュマンズ・ワーフからゴールデンゲート・ブリッジそしてケーブル・カーに乗ってチャイナタウン、最後はユニオン・スクエアに戻ってくる。当時完成して間もない高さ256m、46階建てトランス・アメリカン・ピラミッドは街のランド・マーク的存在で、何と斬新なデザインなのだろうと驚いた。街のシンボルであるケーブル・カーは楽しかった。ぶら下がるようにして乗っており、降りる時車掌が中にいたのでキップを渡せなかったら、OK土産に持って行けと言う。愉快なアメリカだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »