« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

春爛漫(2011・4)

今年も彼方此方の桜を求めてカメラ片手に放浪してきました。中々満開の桜に遭遇するのは難しく、特に今年は寒かった為か1週間程遅咲きだったように思う。駄作の一部を紹介します。

東京タワー

Img_0002 芝公園の増上寺から震災で先端が曲がってしまった高さ333mの日本電波塔(昭和33年10月竣工)を狙った。増上寺はご存じ徳川家の菩提寺で関東18壇林の筆頭でもある浄土宗の寺院だが,こんなに多くの桜がある事を知らなかった。撮影日4月6日で全体的には未だ5分咲き程度だった。

上野公園(東京)

Img_0004 江戸時代寛永寺の建立後に天海僧正が境内に多くの桜を植えたのが始まりの歴史ある桜の名所だ。総面積35万㎡の園内一帯にソメイヨシノを中心にオオカンザクラ、ヤマザクラ等1000本の桜が咲くが4月5日時点では未だ5分咲き程度だった。今年は桜祭りも中止になり人出は少なかったが何故か可愛い猫が花見を楽しんでいた

隅田公園(東京)

Img_0001八代将軍・徳川吉宗が民衆にも花見ができるようにと開放した由緒ある地、隅田川に架かる吾妻橋から桜橋の約1kmにソメイヨシノ、シダレサクラ、エドザクラ等340本余りの桜が植えられ見事な桜トンネルが楽しめるはずが4月5日では未だ5分咲き程度だった。2011年12月竣工予定の現在600mのスカイツリーを狙った。

六本木アークヒルズ(東京)

Img_0003 港区のアークヒルズ外周沿いの桜坂とスペイン坂には20年以上の歳月を経た約50本のソメイヨシノが並ぶ全長700mに及ぶ桜のトンネルは見事でカラヤン広場では例年”アークヒルズ桜祭り”が開催されライトアップされるが今年は中止だった。桜坂の名は第2次大戦で焼失するまで大きな桜の木があったことに因む。4月5日撮影だがほぼ満開だった。

目黒川(東京)

Img_0005 JR中目黒から徒歩2分程にある目黒川沿いの大橋から太鼓橋付近までの約3・8kmに約830本のソメイヨシノが植えられている。満開の時期には天神橋から蓬莱橋にかけてライトアップもされ各ブロックで桜祭りが催される。4月6日時点の大橋付近は未だ2分咲き程度だった。

墨染寺(京都)

Img_0006伏見の商店街の一角にある小さな寺で創建は清和天皇の貞観16年(874)。豊臣秀吉の姉・瑞龍尼が深く帰依し、秀吉も又この寺を開基した日秀上人を敬愛したと伝わる。 謡曲”墨染桜”や歌舞伎で知られる墨染桜で有名だが4月11日時点では薄墨桜は2分咲き程度で1週間程先のようだった。ソメイヨシノが満開本堂には”桜寺”の扁額が掲げられ地元の人達は桜寺と呼ぶそうだ。

山科疏水(京都)

Img_0008 京阪山科駅から北へ10分程の所にある疏水は大津から長等山の下を抜けてきた琵琶湖の水で、疏水沿いの両岸にソメイヨシノ、ヤマザクラが植えられ市民の散歩道になっている。丁度この頃咲く菜の花とのコラボレーションが美しい。4月11日撮影だが満開だった。

毘沙門堂(京都)

Img_0011山科疏水から北へ進んだ所にある天武天皇の時代に創建された天台宗五門跡の一つとなった古刹。清浄な境内には桜が多く、特に辰殿前の枝垂れ桜は壮観だ。高さ10m、枝張り30m、樹齢100有余年で”毘沙門枝垂れ”の名で知られる5代目だ。写真は4月11日撮影の塀の外に毀れ出たソメイヨシノ。

勧修寺(京都)

Img_0007

昌秦3年(900)後醍醐天皇による創建。庭園は”勧修寺氷池園”と呼ばれ”氷室の池”を中心に造園され、周囲の山を借景にした”池泉庭園”で氷室池に張る氷の厚さで1年の豊凶を占ったという。書院の前庭にある灯篭は水戸光圀公の寄進で5月中旬頃からカキツバタ、スイレンが咲き池は紫と紅に染まるが、実は桜がこんなに多い事を知らなかった。4月11日撮影。

平城宮(奈良)

Img_0010 710年から70年にわたり首都として栄えた平城京の中心にある宮殿跡。1952年に国の特別史跡に指定され、わが国で初めて遺跡としてユネスコ世界遺産に登録された。昨年竣工の大極殿を狙った。4月13日撮影したが丁度満開だった。

浮見堂(奈良)

Img_0012 奈良公園の鷺池に浮かぶ檜皮葺き八角堂形式(六角堂)のお堂。大正5年に建てられたが平成6年に再建されたもので、夕方には池に黄金の影を落とす。昔は”浮御堂”と書いたのを神仏と関係がないことから改名した奈良でも有数のデートスポット。4月13日撮影だが盛りを過ぎていた

奈良公園(奈良)

Img_0009奈良公園と云えば鹿。古くから春日大社の神使として手厚く保護されており国の天然記念物。4月13日散りゆく花弁を心地よさそうに食べていた。 若草山山麓に広がる広大な都市公園で1200頭の鹿がおり、奈良の観光スポットの殆どがこの公園内にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »