« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

アメリカ西海岸の旅(1988・10)

今回は20余年前に初めて行った夫婦での海外旅行の一コマを紹介します。私はこの時6回目の訪米だったが女房は初めての海外旅行。私の好きなグランドキャニオンの旅だったが、帰国後ANA”翼の王国”に旅行エッセイを寄稿したら入選しスポーツバッグを貰ったのも思い出だ。この旅を切っ掛けに現役時代は概ね年1回、リタイア後は年3回程度の海外旅行を夫婦で楽しむようになった。そんな懐かしい旅の1コマを紹介します。

1、グローマンズ・チャイニーズ・シアター

Img_0002 ハリウッドにある中国風建築の劇場で、興行師シド・グローマンの協力で世界で最も大きい劇場を意図して1929年に建てられた。一帯はハリウッド映画の歴史に満ち、アカデミー賞授与式も2回行われ映画の初演が行われる中心地。前庭はハリウッド俳優、女優のサインや手型、足型が刻まれたブロックタイルが観光客に人気だった。歩道の”ウオーク・オブ・フエイム”には星型の中に映画関係者の名前が刻まれる等、如何にもハリウッドらしい賑やかさだった。

LA・デイズニーランド

Img_0003LA郊外のアナハイムにある元祖デイズニーランド東京デイズニーランドはこれを模したものだが、やはりスケールが違う。15年前に初めて訪れ今回で4回目だが出張の狭間、急ぎ足で楽しむのと違って新鮮だった。アメリカ人は休日の楽しみ方が多い為か、人気アトラクションでも待ち時間はせめて1時間程度で特に午前中は空いていた。童心に還ってキャラクターと写真を撮ったり アトラクションを楽しんだ。

3、ラスベガス・バリーズ

Img_0001ラスベガスで泊まったホテルだがストリップ大通りから本格的な庭を隔てた場所にある豪華ホテルだった。1975年出張時ロスからヒューストンの途中立ち寄り週末1泊したが当時はダウンタウンが中心だったのに、すっかり廃れてしまい当時の面影は無かった。

グランド・キャニオン

Img_0004AIR VEGASUの6人乗りでロスから飛んだが、まるでトンボが向かい風に煽られているようなものでエアーポケットに入ったら女房を気遣いながら自分が手に汗びっしょりだった。15年前はスリルを楽しんでいたが、そんな余裕はなかった。

、サンフランシスコ

Img_0006小さな町に観光ポイントが詰まっており、殆ど徒歩で十分楽しめる好きな街の一つだ。フイッシュマンズ・ワーフではお気に入りのシーフッド・レストラン”CASTAGNORAS”でエビや鮮魚を鱈腹堪能したのが思い出だ。

メリデアン・サンフランシスコ

Img_0005 エンバカーデロ・ショッピング街の中心にある全360室のフランス系高級ホテルでチャイナタウンやカリフオルニア・ストリートのケーブルカーに近くサンフランシスコの観光名所へのアクセスが良い。部屋の窓からサンフランシスコ湾や街の夜景が一望でき素晴らしいホテルだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »