« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

京都の街を散策(2014・1)

今年のウオーキング始めは新年会を兼ねて京都の神社、仏閣を初詣しながら7kmの行程に汗を流した。この1年も元気に彼方此方を動き回りたいものだ。そんな一コマを紹介します。

京都大学100周年時計台記念館

011大正14年(1925)に誕生した時計台は、80年近くに亘って京都大学のシンボルとして親しまれてきたが、平成15年(2003)創立100周年事業の一環として最新の耐震工法を取り入れた改修工事を終え外観や内装の雰囲気は其の侭に、”100周年記念ホール”や”国際交流ホール”等を備えた学術交流の場として再生され、丁度記念展示が催されていた。

吉田神社

012吉田山の西麓に鎮座し、節分の前後3日間に行われる節分祭りで有名な古社。貞観元年(859)春日大社の神を観請して平安京の守護神としたのが始まり。広い境内には全国式内神3132座を祀る末社の斎場所大元宮等があり、全国の神社にお参りしたのと同じ功徳があると云われる。既に節分の準備が始められていた。

京都御所

005元徳3年(1331)北朝の光厳天皇が里内裏の東洞院土御門殿を皇居と定めて以来、明治を迎えるまで歴代天皇が住まわれた。築地塀で囲まれた南北約450m、東西約250mの敷地に安政2年(1855)再建の紫宸殿を始め、清涼殿や小御所等豪壮な御殿が建ち並んでいる。事前申し込みで内部見学できたが、春秋の一般公開コースとほぼ同じだったがガイド説明がありよく理解できた。

梨木神社

007皇室の中興に尽くした三条実萬と尊王攘夷派のリーダだった実美の父子を祀る神社。三条家の邸宅があったこの辺りに梨の木が多かったのが名の由来。参道左手にある湧井は、名水を汲みに来る人で賑わう。9月上旬~中旬に参道に咲く萩の花が有名だが、マンション建設が進められて居り残念だ。

宗忠神社

013幕末期の新興宗教である黒住教教祖・黒住宗忠を祀る黒住教は日本三新宗教(外に天理教、金光教)の一つで本部は岡山県。逆立ちした狛犬が珍しい。なぜ逆立ちしているかは不明。桜のシーズンは参道を美しく飾ってくれる事は知っていたが由来は初めて知った。

相国寺

001_2明徳3年(1392)に足利義満が夢想国師を迎えて開山創建した臨済宗相国寺派の大本山。京都5山第2位に列せられた名刹で格式の高い寺。金閣寺、銀閣寺は相国寺の末寺。

蘆山寺

009_2紫式部が生まれ育ち、源氏物語を執筆したと伝わる邸宅の跡に建てられた寺。摂家門跡だったため皇室の帰依も厚く、明治維新までは司っていた。本堂の庭に白砂と雲に見立てた苔が美しい源氏の庭がある。6~9月に咲く桔梗の花が枯山水の庭園に風情を添えるそうだ。この時期見るべきものは少なかったが立派な寺院だった。

知恩寺

010_3浄土宗7大本山の一つ8世善阿上人が念仏を百万遍唱え、都で流行った疫病を封じた事から”百万遍”の号と大念珠を賜ったと伝わり、地名の由来になった。御影堂の中には、円周約100m、重さ約320kg世界最大級の大念珠が奉納されていた。毎月15日に境内で手作り市が開催され賑わうそうで初訪問だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下呂温泉と名古屋方面散策(2013・12)

我が家恒例の年末旅行は岐阜県の下呂温泉から名古屋の熱田神宮方面をノンビリ巡る事にした。幸い天候に恵まれ昨年とは大違いのゆったりした旅行だった。そんな旅の一コマを紹介します。

下呂温泉

016下呂温泉は薬師如来が一羽の白鷺に姿を変え、飛騨川で傷を癒し、温泉のありかを村人に伝えたといわれる江戸時代の儒学者林羅山は下呂温泉を有馬、草津と共に”天下の三名泉”と称し、昭和5年の下呂駅開業などによって発展してきた。昭和49年から温泉保護の為、温水の集中管理を行い、現在55度の温泉を各旅館に配湯している。静かな温泉街でゆっくり寛げた。

医王山温泉寺

011温泉街から173段の石段を登った高台にある臨済宗の禅寺下呂温泉発見伝説に纏わる薬師如来像が本尊。かって湯が峰山頂近くに湧いた温泉が突然出なくなり村人が悲しんだ時、薬師如来が白鷺に姿を変えて村人に新しい温泉のありかを教えたと伝わる。境内からの温泉街の眺めが素晴らしく、桜や紅葉シーズンは素晴しいだろう。

かえる神社

013温泉街の下呂温泉博物館前に誕生した日本で唯一のカエルを祀った神社。”無事カエル””若カエル”等の御利益があるとかで人気だとか?賽銭を入れると”気をつけてお帰りください”等とテープが流れる。強引に作った観光スポットの感じだ。

チャップリン像

014下呂温泉を映画の街にしようと企画されたミラクル事業の一弾だったが、チャップリンに続くものがない為、謎めいた像になっている。ところがチャップリン像を挟んで座ったカップルが結ばれると云う都市伝説が生まれ大人気スポットになっているとか?

下呂温泉合掌村

008白川郷等から移築した10棟の合掌家屋集落で、日本の原風景を再現した合掌の里。飛騨の生活文化と山野草を始めさまざまな植栽等から四季を感じられる施設だが入場料@\800はチト高いか?丁度うっすら雪が積もっており寒かったが中々素晴しい景色だった。

水明館

001今回利用した旅館だが、飛騨川の畔一万余坪の敷地に4つの館が並ぶ、昭和7年創業で昭和天皇も利用された由緒ある老舗旅館で部屋数700室を誇る。横山大観、川井玉堂、堂本印象、橋本関雪等の絵画が飾られ、数々の美術品が陳列された日本の建築美を生かした施設だった。野天風呂、展望大浴場、下留の湯等も素晴しく正月飾りが美しかった。

熱田神宮

023創祀は三種の神器の一つ草薙神剣の鎮座に始まる。日本武尊が神剣を今の名古屋市緑区の火上山に留め置いた侭、亀山市で亡くなった。尊のお妃が神剣を熱田の地に祀り、伊勢神宮に次ぐ格式の尊い宮として篤い宗敬を集め、国家鎮護の神宮として特別の扱いのようだ。約6万坪の境内には千年を超える楠があり本宮、別宮外43社が祀られる立派な神社だった。

名古屋マリオット・アソシア・ホテル

018_2名古屋で今回利用したホテルだが、JR名古屋駅真上にある52階の国際的シテイホテルで15F~52Fがホテルエリア。52Fのスカイラウンジ”ジーニス”から眺めると名古屋城が小さく見える素晴らしい眺望だった。部屋もトリプル使用だったが広々しており、調度品はイタリアンクラシック調でアメニテイも申し分ない素晴らしいホテルだった。

豊川稲荷

026正式名は”豊川閣妙厳寺”と称し、山号を円福山とする曹洞宗の寺院。一般的に稲荷とは”狐を祀った神社”を想像するが、当寺を祀っているのは鎮守、豊川托枳尼真天で、稲穂を荷い白い狐に跨っている事から、何時しか”豊川稲荷”が通称となったようだ。立派な本殿を抜けると狐塚があり、無数の狐が祀られている景色は圧巻だった。豊橋まで足を伸ばし、始めて見る稲荷だったが、伏見稲荷を見慣れている為か違和感があったが参道の商店街も賑わい楽しいエリアだ。因みに日本三大稲荷の選定には諸説あるが、豊川稲荷では伏見稲荷大社、祐徳稲荷神社、豊川稲荷神社と云028
っている。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »